導入事例 - Okaffe kyoto(オカフェ キョウト)

なにはともあれ使いやすい、基本機能の習得は5分もあれば十分でした

Okaffe kyoto(オカフェ キョウト)

業種 飲食店
業態 カフェ
席数 23席
従業員数 社員1名、アルバイト2名
営業開始 2016年11月
利用プラン・連携サービス プレミアムプラン
  • ユビレジ(POSレジアプリ)
導入機器
  • iPad
  • レシートプリンタ
  • キャッシュドロワ
  • Wifiルーター

エンターテイメントという名の「おもてなし」でお客様を楽しませる、京都のカフェ

「ばんざい家」の旬の食材を使ったおばんざいと、信州三点盛り(馬刺しロース・信州サーモン・大イワナ)
全てのお客様からカウンターが見えるように設計された店内
「自分の生まれ育った地元でカフェを開きたかった」と語る、オーナーバリスタの岡田さん。その通り、自身の小学校の学区内にオープンさせたOkaffe kyotoは、取材当日も地元の友人が時折ふらっと顔を出しに来る、そんなアットホームなカフェでした。岡田さんは「コーヒー美味しかったね」よりも「このお店、楽しかったね」と言われる方が嬉しいと断言しており、常にスタッフさんとお客様の会話が聞こえてくるこの空気感は、きっとそんな想いがカタチになって現れているのだな、と納得しました。
また、コーヒーはもちろん、フードメニューが充実しているのも多くのお客様から愛される理由のひとつ。例えば京都ポークを使ったロコモコや、1人前に卵4個を使用したタマゴサンドは、丸いどら焼き生地が可愛くて珍しいと、特に女性客から人気だそうです。
京都ぽーくを使用した『ロコモコ』
京都ぽーくを使用した『ロコモコ』
卵4個を贅沢に使用した『たまこサンドセニョリータ』
卵4個を贅沢に使用した『たまこサンドセニョリータ』

営業とサポート、どちらも自分にとって心地よい対応だったのでユビレジを選びました

ユビレジを導入したきっかけを教えてください

このお店をオープンする前に働いていたカフェがユビレジを導入していました。その時、使いやすさを実感していましたし、細かい事務作業やアナログが嫌いだったので、ITツールとしてタブレットレジにする事は決めていました。ただ、一応比較もしてみよう、とユビレジの他にタブレットレジ会社2社のホームページを、ちらっとですが見てみました。結果、自分の望む機能はユビレジで十分だった事、前職からの付き合いがあって信頼している営業がいる事、サポートの対応も良い事、など総合して特に悩む事なく導入をお願いしました。
オーナーバリスタの岡田章宏様 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」優勝
オーナーバリスタの岡田章宏様 「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」優勝

ユビレジを導入して良かったことは何ですか?

なにはともあれ、使いやすい、使い方を覚えるのが楽です。5分もあればみんな使えるようになるのではないでしょうか。新メニューの登録もすぐにできますし、同期も早い、操作性は非常に気に入っています。また、当店は人手が少ないので、ピーク時はお客様が率先してお店の手伝いをしてくれます。例えば、常連さんは自分の飲食代を自分でレジ打ちして、お会計して帰ってくれるんです。本当にありがたいです。他店へ汎用性がある事例ではないですし、あまり大声で言えるような話ではないですが、これもユビレジが使いやすいから成り立っています(笑)!
細い路地を入った先にある、15坪ほどの小さなカフェ
細い路地を入った先にある、15坪ほどの小さなカフェ
Okaffe kyoto
住所
京都府京都市下京区綾小路東洞院東入神明町235-2
電話番号
075-708-8162
営業時間
9:00~20:00(LO:19:30)
WEB
http://okaffe.kyoto
Facebook
https://www.facebook.com/okaffe/
Instagram
https://www.instagram.com/okaffe.kyoto/
Okaffe kyoto