POSレジの特徴

POSレジとは?

POSとはPoints of Salesの略で、直訳すると「販売時点情報管理」という意味を持ちます。POS機能を備えたPOSレジは、「販売された時点」で商品のデータを取得できるため、会計作業と同時に売れ筋商品の把握や在庫管理が行えます。さらに、複数店舗のデータ統合などを瞬時に行うことができ、各店舗の売上の管理を一元化することも可能です。手入力作業がほとんど発生しないため、会計作業のミスや不正防止にも繋がります。

従来のレジスターでは、手作業で商品の金額を入力して会計をしていたため、打ち間違いが多くクレームなどに繋がることもありました。また、会計時やレジ締め作業に時間がかかり、人件費の面でもデメリットが考えられました。さらに、レジスターは現金の管理や会計処理専用のものであるため、それぞれの商品の売上の把握やリアルタイムでの在庫の把握をするには、改めて計算をする必要があったのです。

このようなデメリットを改善したPOSレジは、経営に欠かせないものとなっています。

POSレジ(左)とレジスター(右)

POSレジの機能

従来のレジスターにはないPOSレジの主な機能をご紹介します。

  • 商品管理

    商品の情報を一つずつ登録することができます。その商品の原価やメーカーなどの商品情報はもちろん、売上の傾向や在庫数なども個別に管理することができます。単品管理することで売れ筋商品や死に筋商品を的確に見分けられます。

  • データ収集

    商品を購入した時点でのデータ収集が可能で、「いつ」「どこで」「どんな商品が」「どんなお客様に」売れたのかリアルタイムに集計することができ、いつでも売上の動向をチェックすることができます。

  • 在庫管理の自動化

    商品ごとに在庫数の登録ができ、販売時点で更新されるので、常に新しい在庫数を確認することができます。また、在庫管理にかかる時間の短縮とともに発注業務の時間短縮も望めます。

  • バーコード管理

    バーコードを読む込むことで、その商品の情報を瞬時に読み取ることができ、スムーズな会計処理が可能となります。手入力の作業が少なくなるため、正確な売上金額を入力することができ、会計時のミスを軽減させることができます。

  • 基幹システムとの連携

    POSレジと基幹システムを連携することで、店舗ごとの売上報告を待たずに本部で売上データの確認ができます。売上情報以外にも、顧客情報や在庫数なども本部と店舗で共有することができ、スムーズな経営管理が可能となります。

  • 複数店舗の管理

    複数店舗のデータを一元化でき、全店舗・各店舗の売上状況をリアルタイムで確認できます。また、店舗にいなくても在庫数の把握ができるため、店舗間の在庫調整などの判断がしやすくなります。

  • 経営分析

    商品ごとの売上管理だけでなく、一緒に購入されやすい商品や人気メニューなどがリアルタイムで把握できます。また、曜日・時間帯別の売上や客層、客数などもデータ化できるため、さまざま視点から経営戦略を立てるのに役立ちます。

POSレジ導入のメリット

POSレジを業務に活かすことでどのようなメリットを得られるのでしょうか?

1 業務の効率化

会計時に手入力を最小限にすることができ、スピーディーな会計業務でお客様の待ち時間を減らし、ストレスなく買い物をしていただけます。また、レジ締め作業の効率化が図れるため、閉店時の店舗スタッフの負担も軽減できます。売上データは一元管理されるため、店舗ごとにデータをまとめる手間が省けます。

2 商品ラインナップ改善

曜日や時間帯ごとに販売傾向などを把握することができるため、売れ筋商品の在庫切れをなくし、死に筋商品の在庫処分などを素早く判断することができます。商品ラインナップやメニューの改善、新商品の開発なども、客層や需要に合わせて的確に行えます。

3 レジの不正・ミス防止

バーコードを読み取ることで会計が行えるため、会計時の手入力が大幅に減り、会計スタッフのミスを防止できます。お釣りの計算も自動でしてくれるため、渡し間違いも減少します。また、誰が会計をしたのかを記録することもでき、不正の防止にも繋がります。

4 人件費の削減

業務の効率化に伴って業務時間が短縮され、人件費の削減が見込めます。混雑する時間帯や曜日を把握することで、無駄のないシフト編成も可能です。また、無人のPOSレジを導入することでお客様自身に会計を行っていただき、会計スタッフの人数を減らすこともできます。

5 顧客満足度アップ

混雑時の従業員増員や会計時の時間短縮などが可能となり、お客様対応をスピーディーに行えるようになります。会計時の打ち間違いやミスの減少、在庫管理で需要のある商品の在庫切れ防止など、さまざまな面から顧客満足度を高められます。また、顧客情報をスタッフで共有することができるため、新しく入ったスタッフにも質の高い接客が可能となります。

6 サービス面の充実

クレジットカードなどの決済サービスの充実や、ポイント付加などリピーターのお客様をつかむサービスを追加することができます。また飲食店などで良く利用されるオーダーエントリーシステムを使えば、お客様の注文をすぐにスタッフ間で共有でき、商品を提供するまでの時間を短縮できます。

7 業種や規模に合ったレジの種類や機能の選択

POSレジには、ターミナル型やハンディターミナル型、タブレット型などの種類があり、導入目的や店舗の規模、用途に合わせたものを選ぶことができます。また、飲食業、サービス業、小売業、医療・福祉、商業施設など、業種に合わせて必要な機能を搭載したPOSレジもあり、より専門的で経営に役立つレジを導入することができます。

業種別POSレジの比較表

POSレジは、業種ごとに主に使う機能や業務での役立ち方などが異なります。それぞれの業種で使いたい機能とメリットをまとめました。

業種 使いたいPOSレジの機能 POSレジのメリット
飲食業(居酒屋・カフェ等) 売上分析、顧客情報管理、シフト管理、オーダーエントリーシステム・ハンディターミナルとの連携など 混雑時の会計時間の短縮、仕入れ・シフト・予約業務の簡易化、常連客の周知・リピーターの獲得、呼び出し~注文~受注~調理~配膳~会計の一括管理
サービス業(理美容院・整体等) 顧客情報管理、給与管理、タブレット機能など リピーターの好みを把握、ヘアスタイルを選ぶ際にタブレット本来の機能も利用可能、社員の歩合給計算
小売業(アパレル・雑貨等) 在庫管理、顧客情報管理など 色やサイズなど、個別の在庫管理が可能、倉庫での在庫管理が簡易化、購入履歴の把握・顧客満足度の向上
医療・福祉、商業施設 顧客情報管理、予約システム、タブレット導入による電子カルテとの連動など 患者のデータを個別に保管可能、電子カルテとの連動でいつでもすぐにカルテの確認が可能、待ち時間の軽減

POSレジの今

POSレジは、レジスターが時代とともに変化していく中で、新たなレジシステムとして登場しました。

本来、レジスターは売上の管理や従業員の不正防止などのために作られたもので、日本では百貨店や大手デパートの一部で取り入れられたのが始まりです。消費が増加していく中で、今では当たり前になっている合計金額の表示やレシート発行など、多くの機能が追加されていきました。その後、スーパーマーケットなどの発展に伴い、部門別の合計会計機能が搭載されたレジスターが登場し、より経営分析や在庫管理がしやすくなりました。

1970年代に入ると、従来のレジスターよりもさらに詳細な商品管理ができるPOSレジの開発・導入が進み、日本ではバーコード機能とともに急速に普及されるようになりました。

現在では、百貨店やスーパーなどの大型店舗だけでなく、小規模な店舗でもPOSレジが取り入れられています。特に飲食店ではPOSレジの導入が進んでおり、スムーズな接客やリピーターの確保、メニュー改善など、会計処理に留まらず経営管理の基盤としても必要不可欠となっています。

さらに、POSレジの機能面の充実や軽量化についても開発が進んでいます。予約システムや従業員の退勤管理、オーダーエントリーシステムなど、さまざまな機能が開発されており、店舗に合わせて専門性の高いPOSレジの導入が可能となりました。また、省スペースで直観的に操作できるタブレット型POSレジは、小規模な店舗やファッション性の高い業種でも積極的に導入されています。タブレット型POSレジについては、「タブレットPOSレジの特徴」をご覧ください。

このように、会計処理のみのレジスターから進化したPOSレジは、店舗経営に欠かせないアイテムとなりました。メリットの多いPOSレジを導入し、スピーディーで的確な経営管理に役立ててみてください。