仕入れサイト「スーパーデリバリー」とPOSレジアプリ「ユビレジ」が連携開始

iPadで仕入れから売上管理・分析まで、すべて無料で完結。期間限定のモニター店舗も募集中


株式会社ラクーン
株式会社ユビレジ

株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功)が運営するファッション・雑貨の小売店向け仕入れサイト「スーパーデリバリー」と、株式会社ユビレジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木戸 啓太)が提供するPOSレジサービス「ユビレジ」が連携しました。 スーパーデリバリーの会員小売店がユビレジを使用する際には、スーパーデリバリーから仕入れた商品の情報を自動的にユビレジに取り込むことができます。

ユビレジは、iPad端末を活用することで、従来型のPOSレジと同等の機能をクラウドサービスとして利用できる世界初の次世代型POSレジシステムです。 初期投資および保守費用負担の大きい従来のPOSレジと違い、低コスト(無料プランあり)、リアルタイム、省スペースが特徴で、2010年8月のサービス提供開始以来、中小規模の店舗を中心に利用が拡大しています。両社共に中小規模の小売店の店舗運営をサポートしたいという意向が合致し、このたびの連携に至りました。

■ 連携の背景
ユビレジでは、アパレル・雑貨小売店への提供拡大を検討していたところ、ターゲット層である中小店舗層とスーパーデリバリーの会員小売店が重なることから、連携へと至りました。 また、スーパーデリバリーのシステムと連動することで商品情報を自動的に取り込むことができ、通常よりも利便性の高いサービスの提供によるサービス導入数の増加も見込んでいます。 一方スーパーデリバリーでは、パソコン以外のデバイスを利用する小売店数が前年比164%と伸びています。小規模な小売店では、営業時間外や接客の隙間時間にスマートフォンやタブレットを利用した仕入れが進んでおり、外出先でもタイムリーな仕入れ情報を求めるニーズが高まっています。 これまでにもアプリやスマートフォン対応など進めてきましたが、今後も、このような小売店やニーズの増加が見込めることから、ユビレジをはじめとするタブレットを利用したサービスとの連携を積極的に進めていく考えです。

■ モニター店舗募集キャンペーン
今回、ユビレジとの連携に伴いスーパーデリバリーの会員小売店を対象に、ユビレジ連携のモニター店舗を募集しています。応募期間は2013年9月25日(水) から2013年10月24日(木)で、先着100店舗には月額5000円のプレミアムプランを1年間無料提供。スーパーデリバリーのキャンペーンページ上から募集しています。

詳細ページ http://www.superdelivery.com/p/contents/campaign/2013/ubiregi/ubiregi.jsp

<参考>

■ スーパーデリバリー
http://www.superdelivery.com/
スーパーデリバリーはファッション&雑貨の卸・仕入れサイトです。2002年2月から運営を開始。メーカーにとっては、地域を超えた全国の小売店への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては日本国内のメーカーと場所を選ばずインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能です。

■ ユビレジ
https://ubiregi.com/
2010年8月より開始したユビレジは、iPadを端末として使用することで、高額なPOSレジを導入できない中小店舗にも利用できる安価なPOSレジサービスです。ユビレジの普及によりPOS市場を革新し、店舗経営の効率化に寄与することを目指しています。
月額利用料金: 無料アカウント / 無料  
プレミアムアカウント / 5,000円
公式サイト: https://ubiregi.com
アプリ提供サイト: AppStore http://itunes.apple.com/jp/app/ubiregi2/id442910152
対応端末: iPad
Twitter: http://twitter.com/ubiregi
Facebook: http://www.facebook.com/Ubiregi

株式会社ラクーン
代表者: 代表取締役社長 小方 功
所在地: 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立: 1995年9月
資本金: 744,900千円
株式: 東京証券取引所マザーズ上場証券コード3031
URL: http://www.raccoon.ne.jp/

株式会社ユビレジ
代表者: 代表取締役社長 木戸 啓太
所在地: 東京都渋谷区道玄坂1-22-10 見真ビル4F-L
設立: 2009年9月
資本金: 1,550万円