iPadを使ったカード決済が手数料実質2.24%で利用可能に

中小店舗向けPOSレジシステム「ユビレジ」利用者が対象:主要国際6ブランド全てに対応

iPadを使ったPOSレジシステム「ユビレジ」を提供する株式会社ユビレジ[1]は、主要国際6ブランド[2]に対応したクレジットカード決済を、実質2.24%の加盟店決済手数料率で、1年間利用可能なキャンペーンを、11月22日より開始いたします。

日本では現金での支払いしか受け付けていない店舗が多く、米国や韓国などに比べてクレジットカード決済の普及が遅れています。その要因として決済端末の導入コストと決済手数料の高さがあります。昨年よりスマートフォン・タブレットを利用したモバイルクレジットカード決済サービスが登場し、決済端末の導入コストは下がったものの、決済手数料は一定水準のままです。モバイルクレジットカード決済サービスの手数料率は業界水準として3.25%前後ですが、今回のキャンペーンではこれより約1%低い料率の2.24%でのサービス提供となります。入金は最短で翌日となります。個人事業主や中小企業にとって、クレジットカード決済が導入しやすくなりました。

[1] 所在地:東京都渋谷区、代表取締役:木戸 啓太
[2] 「Visa(ビザ)」「MasterCard(マスターカード)」「JCB(ジェーシービー)」「American Express(アメリカン・エキスプレス)」「Diners Club(ダイナースクラブ)」「Discover(ディスカバー)」

1. キャンペーン詳細
ユビレジの利用者が「楽天スマートペイ」で決済した金額の1%に相当する金額が、ユビレジからキャッシュバックされます。通常の「楽天スマートペイ」のカード決済手数料率は3.24%ですが、キャッシュバックにより2.24%の決済手数料率となります。

・利用可能カードブランド
Visa, MasterCard, JCB, American Express, Diners Club, Discover
・初期費用、月額費用
なし
・申込方法
受付期間中に申込ページから申込フォームを送信します。
・申込ページ
https://ubiregi.com/ja/campaign/rakuten1
・受付期間
2013年11月22日から2014年1月31日
・手数料率の対象期間
各加盟店が「楽天スマートペイ」との加盟店契約を締結した日から最長で1年間
適用条件など詳細については以下をご覧ください。
https://ubiregi.com/ja/campaign/rakuten1

2. カード決済連動機能、導入店舗のコメント
FujisCafe(東京都/カフェ)
昨年9月の店舗オープン時からユビレジを利用しています。決め手は初期投資が抑えられることでした。設置スペースがコンパクトなのもメリットです。iPadで会計を行っているとお客様の興味を惹くようで、「iPadがレジですか!?」と聞かれることも多く、コミュニケーションツールとしても活躍しています。

楽天スマートペイ導入から1ヶ月経ち、まだ利用頻度は多くありませんが、クレジットカードの利用は徐々に増えてきています。ユビレジとの連携はスムーズで使いやすいです。

住所:東京都目黒区駒場3-11-14 駒場友和ビル1
連絡先:03-3465-7787
Webサイト:https://www.facebook.com/FujisCafe

3. ユビレジについて
2010年8月にサービスを開始したユビレジは、iPadを端末として使用する、安価なPOSレジサービスです。高額なPOSレジの導入が困難な中小店舗にも利用できるサービスとして、8,000店舗以上登録されています。POSレジ市場を革新し、店舗経営の効率化に寄与することを目指しています。

月額利用料金: 無料アカウント/無料、プレミアムアカウント/5,000円
公式サイト: https://ubiregi.com
アプリ提供サイト: App Store https://itunes.apple.com/jp/app/id442910152
対応端末: iPad
Twitter: https://twitter.com/ubiregi
Facebook: https://www.facebook.com/Ubiregi

会社概要
商号: 株式会社ユビレジ
代表者: 代表取締役 木戸 啓太
設立: 2009年9月
所在地: 東京都渋谷区道玄坂1-22-10 見真ビル4F-L