新たなビジネス価値を世界へ発信するITビジネスグランプリ「Ruby biz Grand Prix2015」でユビレジが大賞を受賞

〜Ruby、クラウド、iPadを活用したビジネスが評価〜


 株式会社ユビレジ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:木戸 啓太、以下「当社」)は、提供する、iPad®を使ったモバイルPOSレジシステム
「ユビレジ」が、Ruby biz グランプリ実行委員会(事務局:島根県 商工労働部 産業振興課)主催の第1回「Ruby biz Grand Prix2015」にて、大賞
を受賞しましたことをお知らせいたします。


 「Ruby biz Grand Prix2015」(http://rubybiz.jp/)は、日本で開発されたプログラム言語としては初めて国際規格に認証されたプログラミング
言語「Ruby」の特徴を活かして、 新たなサービスを創出しビジネスを継続的に展開している事例を顕彰することにより、 「Ruby」によるビジ
ネス展開の優位性を国内外に広くアピールし「Ruby」のビジネスチャンスのさらなる拡大を目的として設立したコンテストです。

 2015年12月17日、その表彰式が都内で開催、島根県知事である溝口善兵衛氏や、「Ruby」開発者であり審査員長を務めるまつもとゆきひろ氏
がご列席されるなか、国内外からノミネートされた30サービスの中から、ユビレジが大賞に選ばれました。



■株式会社ユビレジ 代表取締役 木戸啓太より大賞受賞のご挨拶
 「数ある著名なサービスの中から大賞に選んでいただき、光栄であると同時にたいへん驚いています。この賞は、エンジニアを
  中心とした社内のスタッフや、ユビレジをお使いいただいているお取引先、たくさんの飲食店様、美容院様、アパレル店様など、
  地域の商店のみなさまに支えられたおかげで受賞できたと思います。また同時に、株主、技術顧問にも感謝したいと思います。
  ありがとうございました」


■「Ruby biz Grand Prix2015」審査委員長 まつもとゆきひろ氏のコメント
 「今回ご応募いただいたサービスはジャンルも多岐にわたっており、何を基準に審査すべきか審査は困難を極めました。ユビレジ
  に関しては、Ruby、クラウド、iPadを活用してネットワーク上で低価格のサービスを提供している点を評価させていただきました」



今後も当社は、「全世界で6億人が使うレジ」を目指して、日々業務に邁進してまいります。

※「iPad」「iPhone」「iPod touch」は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。


【ユビレジについて】
  2010年8月にサービスを開始したiPadを端末として使用するPOSレジサービスです。低コストで高機能なPOSレジが導入でき、各種飲食店
・小売店・美容院など幅広い業種の街のお店からチェーン店にまで導入が進み、国内だけでなく海外でも利用されています。オーダリング
・売上管理・在庫管理など、店舗運営をサポートする豊富な機能を備えています。
「ユビレジ」の特徴:https://ubiregi.com/ja/tour