タブレットPOSレジの特徴

タブレットPOSレジのメリット

タブレットPOSレジには、従来のPOSレジの機能に加え、多くのメリットがあります。

1 コンパクト

コンパクトで省スペースのため、レジの設置場所の心配がなく小規模店舗にも導入することができます。また、スタイリッシュなビジュアルがお店の雰囲気を崩さないため、ファッション性の高い業界や内装にこだわりのある店舗にもマッチします。

2 低コスト

従来のPOSレジの場合、初期費用に数十万円から100万円以上かかることもありますが、タブレットPOSレジの場合は市販の汎用端末を使用するので価格を低く抑えることができます。月額利用が可能なサービスや、必要最小限のサービスのみを利用するようにすればランニングコストも低く抑えられ、価格面でPOSレジの導入を諦めていた店舗にも導入しやすくなっています。

3 操作性抜群

タブレットは直感的でわかりやすいインターフェイスとなっており、新しいスタッフや年配の従業員など誰でも簡単に操作できます。レジ機能を覚えるまでに時間がかからないため指導する側の時間や手間も省くことができ、人件費の節約にも繋がります。

4 持ち運び可能

持ち運びに便利で、店舗内外どこでも自由にPOS機能を使うことができます。イベント出展時やキッチンカーなどの移動販売にも利用できるほか、プロモーションツールとしての利用も可能です。商品の情報や在庫の有無などをその場で調べることができ、スムーズで的確な接客が可能となります。

5 クラウド

店舗の売上データはクラウド上に保管され、セキュリティでしっかり守られます。高価なハードウェアの導入も不要なので、低コストで多くのデータを保管・集計することが可能です。クラウドに保管されたデータはどこからでもアクセスすることができ、店舗にいなくてもリアルタイムで売上管理などが行えます。

6 アプリ

タブレットのPOS機能はすべてアプリで提供されるため、最新の税率や法律に合わせたアップデートをリアルタイムで適用できます。アプリはダウンロードするだけなので機能を充実させたいときにも追加しやすく、面倒な機器の設置なども不要です。店舗や業種に合わせて必要なアプリを組み合わせて利用できるため、より専門性の高いPOSレジを導入することができます。

7 高度な分析

商品ごとの売上管理はもちろん、売れやすい時間帯や客層なども細かく集計・分析ができるため、売れ筋商品の把握や新メニューの開発などにも役立ちます。業種業態・店舗数や経営方針にあわせた高度な分析が可能となります。

8 多様な機能

商品管理や在庫管理の他、顧客情報管理、勤怠管理、オーダーエントリーシステムなど多種多様な機能を導入することができ、従来のPOSレジよりもさまざまな用途に使うことができます。また、クレジットカード決済やポイント付与などサービス面も充実させることが可能です。

世界初のiPad POSレジ「ユビレジ」が2万店舗以上で選ばれる理由

ユビレジは世界で初めて商用化されたiPad POSレジです。ユビレジを使えばリアルタイムに店舗・経営の問題が見える化され、効果的な戦略策定を実現します。商品分析、客層分析など売上向上のための仕組みも充実。ユビレジには数あるタブレットPOSレジの中から選ばれる理由があります。

従来のPOSレジとの価格比較

タブレットPOSレジはPOSレジと比べて初期費用が安く、今まではコストがかかりすぎて導入できなかったという方にもおすすめです。

POSレジのハードウェアは、1台で20万円以上することもあり、ソフトウェアの購入と合わせると50万円以上になることも珍しくありません。レンタルウェアもありますが、長期的に使用すると考えると、コストがかかりすぎてしまう可能性も考えられます。

一方、タブレットPOSレジは、低価格のものなら5万円程度から購入することができ、数台購入したとしてもPOSレジよりコストを抑えられます。

レジの種類 初期費用 ランニングコスト(月額)
パソコン型POSレジ 1台20万円から40万円程度。ソフトウェアも購入する場合は100万円前後 5,000円から
ターミナル型POSレジ 1台50万円から100万円程度 10,000円程度
タブレットPOSレジ 10万円から30万円程度(タブレットや周辺機器の購入代金のみ) プランにより0円から12,000円程度

iPadで使えるPOSレジ ユビレジの料金について

お客様の店舗はどのような業種・業態・規模でしょうか。iPadPOSレジ「ユビレジ」では、お客様それぞれのニーズに合わせた料金プランを各種ご用意しております。

ユビレジ導入に補助金最大200万円が利用できます!

2019年10月に実施が予定されている消費税の軽減税率制度への対策として、中小事業者向け補助金を活用しPOSレジを導入することができます。ユビレジは「A-3型 モバイルPOSレジシステム」の指定サービスベンダーへの認定を受けており、レジセットの購入と導入サポートに補助金を利用できます。

詳しくは特設ページをご覧ください。

タブレットPOSレジがおすすめな業種・業態・規模

機能面やデザイン面、コスト面でも満足度の高いタブレットPOSレジは、多くの業種・業態、様々な規模の店舗におすすめできるシステムです。

飲食業

飲食業では、居酒屋やカフェ、レストラン、Barなど、さまざまな店舗でタブレットPOSレジが使われています。メニューの多い居酒屋やレストランでは、オーダーエントリーシステムや在庫管理の機能が便利です。売れ筋メニューや客層などをリアルタイムで集計できるので、メニューの改善や新商品の開発にも役立ちます。また、Barやカフェなどの雰囲気を重視する店舗でも、タブレットならスッキリとしてスタイリッシュなレジ環境を整えられます。顧客情報もデータ化されるため、スタッフで情報共有ができ、リピーターの獲得や接客サービスの向上にもつながります。

飲食業(外食業)の課題とユビレジ導入のメリット

小売業

アパレルや百貨店、ドラックストアなど、多くの在庫を抱える小売業では、在庫管理や棚卸作業の負担を軽減することが可能となります。倉庫へ行かなくてもリアルタイムで複数店舗の在庫数が確認できるため、お客様への対応がスピーディに行えます。また、売上傾向を分析することで、客層や需要に合った商品のラインナップの選択ができ、他店に差をつけられます。持ち運びができるので、アパレル系の店舗などでは接客用のツールとしても活用できます。

小売業の課題とユビレジ導入のメリット

サービス業

美容院やネイルサロン、整体・整骨院などのサービス業では、予約管理や個人情報管理により、スタッフ間での情報共有が密にできるため、どのスタッフにもお客様の求めるサービスの提供が可能となります。個人情報の管理が細かくできるため、医療機関や整体院などでも患者の最新の状態を確認することができます。美容室やネイルサロンなどでは、ヘアスタイルやネイルデザインの相談にもタブレットが利用できます。小規模な店舗にも、省スペースで雰囲気を崩さず使えるのでおすすめです。

サービス業の課題とユビレジ導入のメリット

イベント・催事に出展

持ち運びが簡単なタブレットは、イベント出展や催事場などでの業務にも利用できます。商品登録をしておくだけで、会計処理だけでなくプロモーションツールとしても活用できます。イベントで新しく雇ったスタッフにも簡単に操作できるので、指導する時間を短縮できるのもポイントです。また、外出先でも通常通り使えるので、店舗にいなくてもリアルタイムで経営状況が把握でき、問題に素早く対処することができます。

複数店舗、チェーン店

複数店舗やチェーン店の経営にも使えるタブレットPOSレジがあり、全店舗の売上データや顧客情報の管理を一元化することができます。店舗ごとの売上傾向や在庫数なども集計・分析できるため、店舗ごとの経営状況や売れ筋商品の把握がスムーズに行えます。比較的低予算のタブレットなら、店舗数が多いチェーン店などでもコスト面で安心して導入できます。

多店舗展開の課題とユビレジ導入のメリット

急速に普及が進むタブレットPOSレジ

タブレットPOSレジは、従来のPOSレジの機能を「アプリ」に落とし込んでiPadなどの「タブレット」にインストールしたレジのことです。スーパーなどで見かけるレジに比べて、小スペースでファッション性が高いことから、飲食店やヘアサロン、アパレルなど多くの分野で導入されています。

タブレット型は、直観的に操作できる手軽さがあり、初心者のスタッフでもすぐに操作できるでしょう。また、アルバイトに多い若年層は、タブレットの扱いになれている方が多く、使いやすさの点からも選ばれています。

POSレジの詳細については、「POSレジの特徴」をご参照ください。

導入コストや機能面からもメリットの多いタブレットPOSレジは、以下のデータからも普及の速さがうかがえます。

株式会社矢野経済研究所の2014年に行われた調査によると、タブレットPOSレジを有料で利用している店舗は、2012年度では1,300店舗だったのに対し、2014年度には18,800店舗にまで増加する見込みとされており、現在ではさらにシェアが拡大していると推測されます。

今後もタブレットPOSレジの普及は進むと考えられています。小規模店舗での利用のみに留まらず、従来のPOSレジからの代替や大規模店舗や多店舗経営での利用、またさまざまな業種業態で活用されていくでしょう。

データ元:株式会社矢野経済研究所